TOP > 電気代で比較

ウォーターサーバーの電気代 電気ポット・ケトルと比較!

ウォーターサーバーを導入しようかどうしようかと悩む時に、気になる点の一つが電気代ではないでしょうか。

ウォーターサーバーは、24時間、冷たい水と熱い湯が出てくるので、結構な電気代がかかりそうですね。

昔からある、電気ポットは電気代のかかる家電の一つと言われていますが、ウォーターサーバーと電気ポットではどちらの電気代が高いのでしょうか?

また、電気ケトルの場合はどうなんでしょう?

ウォーターサーバーと電気ポット・電気ケトルを電気代で比較してみました。

電気ケトルの電気代

電気ケトルは、ここ数年で、一気に普及しましたね。ティファールの電気ケトルが出てきたころからでしょうか。

電気ケトルの場合、後述の電気ポットやウォーターサーバーと根本的に違うのは、保温機能がありません。電気を使うのは沸かしているときだけのため、消費電力は1200W程度ありますが、頻繁に沸かしても、案外電気代はかからないのが特長です。1Lほどで沸かしても2~3円程度と考えていいでしょう。

逆に、沸かすのに数分程度は要しますので、利便性という点においては、やや劣りますね。そうは言っても一人暮らしなどなら、そうそうお湯を使う機会は無いでしょうから、必要十分な人も少なくないでしょう。

また、いわゆるヤカンの形状をしているので、水を入れた状態ですとそこそこの重さですから、子供が扱うには少々危険が伴いますので、子供が触るというのであれば、なるべくなら避けたいのではないでしょうか。

ただし、電気ケトルも年々進化していて、例えば、象印の製品であれば、お湯を沸かした後、1時間程度本してくれる機能が付いていたり、蒸気が出ないとか、ひっくり返してもお湯が飛び出ないようになっていたりと、かなり改善されてきていますので、メンテナンスの楽さなどを考えても、悪くないのではないでしょうか。

電気ポットの電気代

電気ポットの場合は、沸かす時は、電気ケトルとほぼ同じですが、保温機能があります(この保温機能で電気代が高くなる・・・)ので、利便性は、一気に高まりますね。

消費電力も1000W程度で取り立てて高いわけでもありませんが、保温はさすがに、24時間動き続けますから、毎日20円程度はかかって、あとは沸かす時にも10円程度かかるので、月間では、1,000円前後というのが一般的な電気代のようです。

最近は、魔法瓶の機能で、冷めにくくして、節電したり、一定時間使用が無い場合は、節電モードになるなど、節電の機能がだいぶついてきていますので、生活習慣にもよりますが、消費電力が少ない電気ポットも登場してきていますが、例えば節電モードなどは、自宅にずっといる人は寝てるとき以外は機能しませんし、逆に外出が多いのであれば、ポットでなくてケトルでいいのではないか?とも思えなくはないですね。

ウォーターサーバーの電気代

さて、ようやく本題のウォーターサーバーの電気代です。

結論を書くと、おおよそ、電気ポットと同じくらいで、1,000円というのが一般的なウォーターサーバーの電気代です。お湯だけではなくて、冷水も出ますから、若干その分、高くなりそうですが、ほとんど誤差の範囲くらいだと思って支障はないでしょう。例えば、お湯の利用頻度が高ければ、その分沸かす頻度が増えるので、当然電気代も上がりますから、その辺は、皆さんの使い方を考えてみてください。

ただし、最近のウォーターサーバーは、かなり進化してきていまして、ウォーターサーバーの選び方で、かなり電気代が変わってくると考えていいでしょう。

電気代が気になる方は、ぜひ、節電機能のあるウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーのランニングコスト

ウォーターサーバーを契約するにあたり、一体どのくらいの費用がかかるのか、気になるでしょう。

一般的な、モデルケースを用いて、1年間のコストを計算しています。

① 夫婦+子供2人の4人家族

一般的に、ウォーターサーバーを契約する場合、水は、定期宅配になります。月間に何本買ってくれれば、サーバー代は無料ですなど、各社、様々な料金システムになっていますので、実際にどのくらいかかるのかわかりにくいのです。加えて、サーバーの電気代も計算するとなると、かなり適当になってしまいます。

人それぞれ生活リズムが異なりますから、ここでの試算も、モデルケースの場合ですが、ある程度の目安にはなるでしょうか

ウォーターサーバー名月間費用年間費用年間経費
容量サーバー
レンタル料
サーバー
メンテナンス料
コスモウォーター1,900円12ℓ×40円0円91,200円
フレシャス1,167円7.2ℓ×80円0円112,032円
アクアクララ1,296円12ℓ×41,080円0円75,168円
クリクラ1,350円12ℓ×40円5,400円70,200円

サーバーの電気代については、お湯を使う頻度や、生活リズムなどに影響を受けるため、試算するのは難しいため外しています。

水に関して、各社の安い水に設定しています。

省エネタイプなら500~700円程度、一般的なタイプなら1,000円程度を想定してはいかがかなと思います。ウォーターサーバー会社のHPにはもっと安くなるようなことも書かれていますが、スリープ機能をフルに使っていたりして、現実的には、それほどの省エネにすることは難しそうです。若干安くなる程度と思っておいた方が無難かと思います。

フレシャスが最も高くなっているのは、水の容量が多めになっていることが影響しています。他と近い容量にしようとすると、6パックくらいになるのですが、フレシャスは4個パック単位の購入になるため、実際にその容量で買うのは難しいのです。

RO水のアクアクララやクリクラは、やはり格安で、水の量が増えれば増えるほど、更にコストパフォーマンスは良くなるでしょう。

こうして、比較してみると、水に対してこだわりがなければ、RO水の方が安いですね。

2015/07/16 13:14:29

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • コスモウォーターは天然水のウォーターサーバーの人気No.1コスモウォーターは天然水のウォーターサーバーの人気No.1
    コスモウォーターは3種類の天然水が人気のウォーターサーバー。天然水も比較的安く、サーバーも水を持ち上げずにボトル交換できるなど使い勝手もいい。サーバー内を自動殺菌処理してくれるので赤ちゃんにも安心!
  • ウォーターサーバーの水ボトルで比較!ウォーターサーバーの水ボトルで比較!
    ウォーターサーバーは似たような形状なのですが、水ボトルの交換方法はサーバー毎に異なります。実はこの取り替え方法が面倒だから、別のウォーターサーバーに変えるという方も少なくないので申し込む前によく比較しておきましょう。
  • アクアクララ シェアNo.1ウォーターサーバーは安心なRO水アクアクララ シェアNo.1ウォーターサーバーは安心なRO水
    ウォーターサーバーと言えばアクアクララと言うくらいの定番。殺菌処理された水道水から更にコーラも真水に濾過するシステムで濾過した安全なRO水なら赤ちゃんの調乳にも安心です。しかもモンドセレクション4年連続受賞のおいしい水ですからアクアクララが人気なのも頷けます。
  • 赤ちゃんの粉ミルクや離乳食にもウォーターサーバー赤ちゃんの粉ミルクや離乳食にもウォーターサーバー
    ウォーターサーバーがあると赤ちゃんのミルク調乳がとても楽になります。泣き出した赤ちゃんのためにお湯を沸かす必要なくミルクが作れるのですから。そんな赤ちゃんの居る家庭でも安心して使えるウォーターサーバーの情報を集めています。